特定非営利活動法人フードバンク福岡 » ◇私たちの⾝近にある貧困◇

支援をする | 支援を受ける

           お問い合わせはこちら

営業時間:月、木、金 10:00~16:00


◇私たちの⾝近にある貧困◇

メニュー

ボランティアの登録はこちら
フードバンク支援型自動販売機設置のお願い

⾷べ物に困っているというと私たちは先ず発展途上国の⼦ども達を思い浮かべるのではないでしょうか。しかし、厚⽣労働省が⾏った「平成25年国民生活基礎調査」により、平成24年時点における⽇本の⼦どもの相対的貧困率は16.3%に上ることが明らかになりました。これは、⽇本の⼦どものおよそ6⼈に1⼈が貧困状態に置かれていることを⽰しています。

相対的貧困率は貧困線以下の世帯を指し、平成24年の貧困線は122万円でした。家賃や⽔光熱費を含む1か⽉の⽣活費が約10万円ということになります。特に、ひとり親家庭に限ってみると、貧困率は54.6%と半数を超えています。NHKがフードバンク⼭梨らと⾏った調査では1⼈当たりの1⽇の⾷費が300円に満たない家庭が半数近くあり、8割以上がおかずを⼗分に確保できず⼦供に栄養不⾜などが⾒られるといいます。