特定非営利活動法人フードバンク福岡 » 理事挨拶

支援をする | 支援を受ける

           お問い合わせはこちら

営業時間:月、木、金 10:00~16:00


理事挨拶

メニュー

ボランティアの登録はこちら
フードバンク支援型自動販売機設置のお願い

本来は、フードバンクの活動が必要とされないような社会が望ましいが、現在の日本ではますますフードバンクへの期待が高まっている状況、であれば利用者の要望に応えられ継続性のある組織運営を目指したい。

フードバンクは、食品ロスの発生抑制効果と、食べ物を必要とする施設や団体に食品を配布するという福祉的効果の2面性があります。

これまで環境活動をしてきた方々の中にも、どんな人たちがこうした食べ物を必要とするのかの話をすると、モチベーションがかなり上がり、食品ロス削減活動が自発的に推進することが分かりました。

地域を作るのは、私たち市民です。一緒に住みよい地域社会を作ることができればと思います。

事務局長として本格的展開を行って3年が経過しました。今までとは違った世界を体験できたことはよかったと思います。食品を必要な方がこれほど多くいるとは思っていませんでした、そういう方達が食べることで一息つき、未来へつなぐワンステップになってもらえればと思います。

食品ロスの問題と生活・福祉の問題を解決していくフードバンク活動が草の根レベルで広げられるよう、出来る限りのことから取り組み、人にも環境にも優しい持続可能な社会がつくれるよう一緒に頑張りましょう!

もっともっと沢山の企業や人々にフードバンクを知ってもらい、必要性や多様な未来への可能性を伝えていきたいと思います。フードバンクサポーターを増やしたいです。

食品ロスや貧困の日本の現状、また身近な地域の現状をより多くの方に知っていただきたい。ご存知でない方が多いです。知れば次の行動に繋がると信じていますし、その行動は各々出来ることをやればいいと思います。その波を大きくし、思いやりのある豊かな世の中にしたいですね。

みんなの思いや愛で救われる人がいることを伝えていきたい。