特定非営利活動法人フードバンク福岡 » ◇提供企業の想い・受け取り先の声・メディア掲載◇

支援をする | 支援を受ける

           お問い合わせはこちら

営業時間:月、木、金 10:00~16:00


◇提供企業の想い・受け取り先の声・メディア掲載◇

メニュー

ボランティアの登録はこちら
フードバンク支援型自動販売機設置のお願い

◇⾷品提供企業の想い◇

フードバンク福岡にソーセージやハムを提供してくれている(株)九⾷の⻄島社⻑にインタビューさせていただきました。
⾷品提供をはじめたのは、計画⽣産から発⽣する余剰や規格外品がもったいない、どうにか役⽴てることができないかと思案する中で、フードバンクを知ったのがキッカケとのこと。当時、福岡にフードバンクはなく広島まで社⻑⾃ら⾞を⾛らせていたそうです。

もったいないから始まった⾷品提供でしたが、今の⽇本に⾷べ物に困っている⼈や⼦ども達がいるという事実を詳しく知るにつれ、今⽇では積極的な⽀援や地域貢献として⽋かせない活動となっているとのことです。

◇受け取り先の声◇

皆さまからお預かりした⾷品を受け取られた⽅から、沢⼭の喜びの声や感謝の⾔葉が届いています。ここでは、ほんの⼀例ですが受け取り先の声を紹介します。

〇⼦どもの居場所づくり団体

⻑期休暇中には家でほとんど⾷べていないのか、バナナを5本以上⾷べた⼦もいました。皆さんの温かさが⼦どもたちに伝わり、きっと優しい⼦どもたちに成⻑するのではないかと思います。

〇個⼈の⽅

⽀援をしていただく前は、主⾷はパンの⽿、たまに安く⼿に⼊れた古⽶のくず⽶を、⾁は、半額とか鶏ガ
ラ、⿂はアラ(⾻)しか買わず、それも1パックを4,5⽇かけて⾷べていました。
賞味期限前の⽴派な⾷品をお腹いっぱい⾷べることができて、フードバンクさんには感謝の⽇々です。

◇メディア掲載◇

フードバンク福岡の活動は新聞等のメディアにも取り上げられています。

◇2016年10⽉15⽇毎⽇新聞

『フードバンク福岡活動広がる』
⼦ども⾷堂運営団体に提供、困窮者の⽣活再建にも⼀役

◇2016年10⽉2⽇読売新聞

『フードバンク広がる』⾷品ロス防ぎ困窮者ら⽀援

◇2016年8⽉29⽇⻄⽇本新聞⼣刊

『学校で朝⾷を⼼も満たして』フードバンクと連携、無償⾷品ロスへの意識⾼まる